初誕生


お餅は昔から、お祝いやお祭りなど、さまざまなシーンで用いられてきた縁起物。その中でも一升餅には「一升」と「一生」がかかっていて丸くて平たいという形状も含め、一生食べ物に困らないように、一生健やかで過ごせるように、一生円満で過ごせるようにといった願いも込められています。赤ちゃんが生まれて1年後、初めてのお誕生日。元気に成長したことをお祝いします。祝い方は地方によって異なりますが、餅をついて背負わすあるいは踏ませるというのが一般的なようです。お祝いの意味はわからなくともパパやママが笑顔なだけで、きぅと赤ちゃんも幸せなはずです。


立ち上がれたら「身を立てられる」座り込んだら「家にいてくれる、家を継いでくれる」転んだら「厄落としができた」

お子様が1歳の誕生日を迎える「初誕生」で、「一升餅」を担がせ、「選び取り」をするのは日本の伝統行事。