ご法事


ご法事は故人の生前を偲ぶ語らいの場。

在りし日の姿、深い絆、忘れることのない様々な思い出。かけがえのない故人への思いが溢れてくる大切なひとときをお手伝いさせていただいます。


年回忌法要一覧

  名称     時期         参列者や内容

一回忌   亡くなった翌年   

 遺族や親戚、知人が参加。読経、焼香・お斎 

三回忌   2年目     

  遺族や親戚、知人が参加。読経、焼香・お斎 

七回忌   6年目              

  遺族や親戚、知人が参加。読経、焼香・お斎

十三回忌  12年目       

 遺族や親戚のみ

十七回忌  16年目    

 遺族のみ

二十三回忌 22年目       

 遺族のみ(省略することもある)

三十三回忌 26年目    

  遺族のみ(省略することもある)

宗派によって異なりますが、

多くは三十三回忌で弔い揚げとなります。 

霊祭り

十日祭 

 仏式の初七日。ご親族、知人を招き、神職による祭儀を行います。

二十日祭 

 一般的に省略されます。

三十日祭 

 仏式の三十五日。

四十日

 一般的に省略されます。

五十日祭 

 仏式の四十九日。忌明けとされます。「清祓いの儀」の後に霊璽を御霊舎に移してまつる合祀祭も併せて行うことが多いようです。清祓いきよはらいの儀→神棚や御霊舎みたまやに貼った白紙をはがす。霊璽→神道における霊のしるし。仏式の位牌にあたります。御霊舎仏式でいう仏壇にあたるもの。祖先の霊が鎮まる霊璽を納めるところです。

百日祭 

 死後百日目に行われます。

式年祭

故人の祥月命日に行う儀式で、仏式では年忌法要にあたります。一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続きますが、一般に行事が行われるのは、五十年祭まで。特に一、三、五、十年祭は盛大に行われます。 式年祭の流れは、清祓→献饌→祝詞奏上→玉串奉奠と進行します。その後は、出席者に会食でおもてなしをします。清祓→五十日祭を終え家中を祓いして、神棚のおまつりを再開します。献饌饌とは供物のことで、米、酒、塩、水餅、卵、魚、乾物、野菜、果物、菓子など。



料理思考室かごから一言

 ご希望によっては魚類や肉類を控えた精進料理もお受け出来ますが、最近では素材にこだわらず、会席料理でおもてなしされる方も大変増えております。ご不明な点などございましたら何なりとご相談下さいませ。