節句


節句とは、お子さまの無病息災を願う大切な行事です。日本の伝統的な風習で実は奈良時代から伝わっています。

女の子は3月3日の「桃の節句」、男の子は5月5日の「端午の節句」といわれ、男女によってお祝いする日にちが異なります。

「初節句」は、お子さまが生まれて初めて迎える節句のことを言い、お子さまの成長を喜ぶとともにこれからの健康を願うお祝い行事です。

女の子には雛人形、男の子には五月人形や鯉のぼりを贈って飾ることが一般的とされています。